ごみの事から建物の解体、資源リサイクルまで、お気軽にご相談ください。

リサイクルセンター

施設紹介

旭星クリーン リサイクルセンター道北最大級を誇る旭星クリーンの中間処理施設、リサイクルセンターでは各種産業廃棄物を受け入れ、選別・品目ごとの処理を行っています。
各種廃材を選別・加工し再び原料としてリサイクルするほか、建築廃材(木質廃材)については、家畜用の敷き藁(オガコ)として製品化しています。
限られた資源の有効活用を実行に移し、再資源化・減量化に努めています。

建築廃材(木質廃材)リサイクルの仕組み

解体現場から木質廃材が搬入されます。
1次破砕機に投入され細かく砕かれます。
異物を取り除き、2次破砕を経て製品(オガコ)になります。

ダンボール リサイクルの仕組み

ダンボールは様々な製品の外装に使われています。
ベルトコンベアに乗って圧縮梱包装置に送り込まれます。
ダンボール原料としてリサイクルされます。

発泡スチロール リサイクルの仕組み

回収した発泡スチロールから異物などを取り除きます。
ベルトコンベアに乗って溶融装置に送り込まれます。
溶融したものがプラスチック原料としてリサイクルされます。

空き缶 リサイクルの仕組み

回収した空き缶は磁選機にかけられ、スチールとアルミに選別されます。
選別された缶は、プレス機に投入されます。
プレス処理された空き缶は、再び原材料として再利用されます。

処理施設の種類・能力
コンクリート再生骨材

コンクリート再生骨材の販売を承っております。ご希望のお客様は事前に
旭星クリーン本社(0166-53-7171)までお問い合わせ下さい。

処分方法ごとの処理実績
中間処理後の持ち出し先
産業廃棄物の一連の処理の工程
アクセス

〒071-8112
北海道旭川市東鷹栖東2条3丁目137番地
受入時間:8:00~17:00
定休日:日曜日

受入品目:建築木材(廃材)・石膏ボード・発泡スチロール・軟質プラスチック(ビニール袋・PPバンド)・廃プラスチック(ポリ缶・ブルーシート・古タイヤ)・コンクリート・アスファルト・鉄くず・紙くず(建設紙・ダンボール・障子・ふすま紙)・間伐材・畳・ジュータン・蛍光管

旭星クリーン 本社 0166-53-7171
モダグループ メカ・ドック モダオート エコソイルテクノ モダ土地建物